言葉を放出する僕

出でよ!ブルーアイズ・陰キャラ・ドラゴン!!

 

ブルーアイズ・陰キャラ・ドラゴン

星8/闇属性/オタク族/攻0/守0

このモンスターはインターネット上に存在する限り、攻撃力が3000ポイントアップする。

 

 

俺は中学生ぐらいの頃から言葉を文章にして残すのが好きだった。

学校の授業時間中など、パッと頭に思いついた言葉(たいてい短い単語の組み合わせ)をノートなどに書き綴り、一人でニヤニヤして楽しんでいた。

 

この楽しさのメカニズムはいまいちよく分からない。

別に、誰かに見せるために書いていたわけではないし、実際そうした事は一度もなく、全て自分の中だけで完結していた。

 

だが、この行為も無限にやっていたわけではない。

こうした行為をずっと続けていると、頭の中がガス欠状態になってしまうのだ・・・!

「無理無理!もう言葉出ないって!」という脳の叫びによって思考がシャットダウンされてしまうのだ!

 

そんなときはインプットの時間である。

俺は創作活動においては、インプットとアウトプットのバランスが大事だと思っている(俺のやっていた事は創作活動とは呼べないかもしれないが・・・)。

 

俺はヴィジュアル系バンドをよく聴くのだが、近年の若手ヴィジュアル系バンドの音源のリリースペースはぶっちゃけ異常である!!

1年で20~30曲などザラで、それ以上の曲数を作るバンドさえいるのだ!ボツになった曲も入れればさらに多くの曲数作っていることだろう・・・。

これじゃあ、どんなに素晴らしい才能だってすぐに枯れちまう!

消費の早い現代社会で活動するバンドの宿命なのだろうか!?

 

とにかく、アウトプットばかりしていては、よくないのである!

 

では、インプットとはどうすれば良いのか?

作曲家なら、音楽を聴くことがインプットになるのだろうか?それも勿論大きな刺激になるだろう。

だが、俺は、自分の専門外の分野に触れることもまた、創作の大きなアイデアに繋がるのではないかと思っている!

俺の場合は、絵を見たり音楽を聴いたりして感じた事を、モチーフとして単語に当てはめ、言葉を作っていた。本とかを読むよりよっぽどアイデアが湧いたと思う。

インプットばかりしていても、今度は脳が「おいコラ!早く言葉吐き出させろ!」とどやしつけてくるので、やはりバランスが大事なのだろうな!

 

ところで、俺は最近曲を作り始めたのだが、ハチャメチャなスローペースで製作している。

11月下旬ぐらいに完成すればいいなぁ、と思っているので、出来たら聴いてほしい!

 

・・・記述ノ終幕・・・

楽しい音楽

俺はヴィジュアル系バンドを好んで聴くキモいオタクである。

いつもは暇を見つけてはバンギャどもに混じりながらCDショップを漁っているのだが・・・。

この度なんと!!!!

 

 

ヴィジュアル系への愛が強すぎて自分で曲を作るに至っちまった!!!

 

 

特に俺が強い影響を受けた、90年代ダークヴィジュアル系バンド(死語)を強く意識した曲になっている・・・!!

そこらへんの音楽に抵抗がない人はもし良かったら聴いてみてほしい。 

 

 

どうだろうか?(笑)

ちなみに作詞・作曲・ヴォーカルは俺がやっている。歌唱力は・・・。

まあ、しょせん素人の歌だと思って見逃してくれい!(笑)

 

歌詞はこんな感じ↓

 

 

さらけ出す 言いつけは 指し示す 自殺未遂を

見つめてた 愛玩は 崩れ行く 自殺未遂を

 

求めてた 結末は 時に消え 自殺未遂を

飾られた 磔に 病的は 自殺未遂を

 

犠牲 犯す 許し合えぬ現実を

心 壊す 馴れ合えぬ日々を

 

愛していた亡骸から 思い出せぬ優しさを

変形した死顔と 永遠に続く闇の中を

 

 

そして、この曲を作るにあたっては、とある作曲家の方に非常に多大な協力をして頂いた・・・。

俺などと違い、しっかりと音楽理論を学ばれた方で、作曲の方法やその他諸々をご指導して頂いた。

アレンジやミックスなどもその方にやって頂いた。

間奏のギターソロとかメッチャカッコよくないですか?俺には絶対思いつかないフレーズだ・・・(笑)。

この方がいなければ、この曲が完成することはなかっただろう・・・。

誠に有難く、感謝感謝で頭が上げられん状態である!

本当にありがとうございました!

 

聴いてくれた人もありがとう!

分かってるとは思うが、自殺はNOだ!命は大切に!!(笑)

青春は黒い夢と共に・・・

俺は中学時代、学校をアホほど嫌っていた。

 

学校を「薄汚い欲望の塊」だと思い、そこに通う奴等もみんな見下していた。いわゆる「中ニ病」というヤツだ。当然友達などいなかった。

そんなウンコな陰キャラ野郎の俺の趣味はアニメを見る事と、Youtubeで適当に音楽を漁って聴くことだった。

 

ある日、ホームルームが終わった俺はいつものように速攻で家への帰り道を歩いた(俺は当然帰宅部である!)。また今日も学校で誰とも会話しなかったな・・・、などと思いながら(友達がいなかったのでな!泣)。

 

家に帰った俺はまず、パソコンの電源を点けた。本日の音楽漁りの始まりである!

俺はなんかの曲(←スマン。何だったか忘れた。)を聴いた後に、ふと関連動画の欄を見ると、そこに「黒夢 十字架との戯れ」の文字を見た。

黒夢」というバンドがいたのは知っていた。しかし平成生まれの俺はテレビなどで見た記憶もなく、「昔のバンド」というイメージを抱いていた。

だが、俺は「十字架との戯れ」という文字列に強く惹かれた。十字架・・・。戯れ・・・。なんと頽廃的・・・。そして破滅的な響き・・・。まあ、要するに中二病だったのだな!笑

俺はその動画をクリックした。ホラー映画のようなタイトルテロップ、そして、画面の中のテレビが点滅し、謎の金髪の男が写る・・・。ドゥンドゥドゥンドゥドゥダーダー(←「十字架との戯れ」のイントロです)ハイッ!サイッ!(←清春のシャウトです)

 

なんだこれは!俺は驚愕した。きな臭く、不穏な空気を漂わせるAメロ、何言ってるか分からんBメロ、そして、危うさと不安定さを孕みながらも美しく流れるサビ!

コイツはやべえ!俺はドハマリした。何十回とリピートし、黒夢の他の曲も聴き漁っていった。そして高校に上がる頃には俺は黒夢のアルバムを全部(解散前まで)買い、その他のヴィジュアル系バンドまで聴くようになっていた!

 

黒夢のおかげで俺の人生はだいぶキモくなった。クラスメイトが流行りの音楽(たぶんUVERworldとか)について話している時も、俺はiPodの「V系」というプレイリストをシャッフル再生して一人で誰とも共有することなく音楽に没頭していた(高校でも友達がいなかったのでな!泣)。

 

俺をそんなキモい人間にした黒夢をキミにも聴いてほしい!そんで俺と青春時代にできなかった黒夢トークをしてくれい!笑

 

www.youtube.com

アニメ・アニメ・アニメ・アニメ

最近思うのだが、日本国内において、余りにも「オタク文化」が浸透しすぎではないだろうか?

特に若年層の間でのオタク文化の浸透は凄まじい。「若者総オタク化」と言ってもいいくらいだ!

何故このような現象が生じたのか?アニメやゲームなどは細かいクオリティーは上がったのかもしれないが、本質的に劇的な発展を遂げたとは言い難い。やはりニコニコ動画やSNSなどの普及による価値観の共有が進んだことが一つの原因かもしれない。いや、そんな議論はどうでも良い。

俺が最も危惧しているのは、安易で軟弱ないわゆる「萌えアニメ」が増えまくっていることである!ステレオタイプの美少女キャラ達がステレオタイプのアニメ声で際限なくキンキンと騒ぎ、無意味にベタベタとじゃれつき合う。そんなアニメのどこがオモシロイと言うのか!

俺はもっとこう、血湧き肉踊るような物語が見たいのだ!恋愛劇もなく、ましてやメインキャラに男が一人も出ないアニメなど糞の役にも立たんのだ!そんなアニメにオタク達が飛びつき、意味の分からんオタク女がコスプレをしてエロガキどもの慰み物になっている、そんな光景を見る度に俺は悲しくなるのだ!

アニメ会社としては、深夜帯の少ない予算で新人or若手声優のみで回せる萌えアニメが作りやすいというのはあるだろう。(萌えアニメはステレオタイプの演技で事足りるからな!)

だが!やはり一番の問題は、そんなアニメをありがたがって見るオタク達にある!

オタク達よ!そんなつまらん萌えアニメを見る暇があるなら、今すぐ「新世紀エヴァンゲリオン」や「serial experiments lain」を見たまえ!「ホンモノのアニメ」はそこにある!

そして「萌えアニメ討伐隊」として、立ち上がるのだ!萌えアニメ討伐隊はいつでもキミの入隊を待っているぞ!

Bottom

派遣バイトをやっていた頃の話をしようと思う。

僕が行った現場は、洋服などの通信販売をしている企業の倉庫だったのだが、はじめ僕は古着をたたみ、袋詰めにする仕事に割り当てられた。

しかし、僕はこの「たたむ」という行為が生まれつき非常に苦手なのだ。

たたみ方にはマニュアルがあり、初めてやる人でもできるように考えられているのだが、僕がこのマニュアル通りにたたんでも必ずズレてしまう。

その度に責任者にやり直しを命じられるのだが、何度やっても綺麗にたたむことができない。

時間をかけて綺麗にたたもうと心がけると、今度はそのペースではノルマに追いつかないと言われる。

痺れを切らした責任者は、僕を「たたみ」の担当から外し、「三分割」の仕事に移動させた。

「三分割」とは、主に洋服をその種類ごと(コート、ワンピース、ボトムス等)に振り分ける仕事なのだが、要領の悪い人間だと判断された僕は、その振り分けた洋服を入れるためのダンボール作りを任された。

ただひたすらにダンボールを折り曲げ、テープで留め、できたダンボールを積んでいく作業は、体力のない僕にとっては過酷な重労働だった。

真夏だったこともあり、額に、脇に、腹に、背中に、腰に、全身に汗が噴き出した。

だが、洋服を満足にたたむことすらできないグズな僕には、こういった力仕事しか与えられないのも仕方がない。
そう思って黙々とダンボールを作っていった。

やがて、一日中ダンボールを作る日々が一週間を過ぎた頃、僕は別の仕事の担当になった。

移動した担当先は「ピッキング」。
洋服を、あらかじめ渡される紙に書いてある番号の場所に置く作業なのだが、そこでも僕は洋服を置くためのダンボール作りを任された。

今度はダンボールの作り方が変わり、さらに作ったダンボールを半分に切る作業がプラスされた。

自分で作ったダンボールを、自分で切る。
この作業は苦痛だった。
せめて作る人間と切る人間が別であれば。
自分はなぜこんな事をしているのか。
自分で作ったものを自分で壊すという滑稽さ。
僕はやがて考えることをやめ、文字通り機械のように作業に没頭した。
ひたすらダンボールを作る。切る。作る。切る。......

そんな作業を数日間やっていて、僕はふとある事に気づいた。
それは、どうもこの仕事を任されるのは、僕のように他の仕事で「使えない」と判断された人たちであるという事だ。

僕の他にこのダンボール作りを任されていたのは、小太りでメガネをかけた40歳の男と、こちらも同様に太った、恐らく50代の男の二人だった。
50代の男は、ピッキングをやっていたそうなのだが、ここに移動を命じられたらしい。
彼は何日かの仕事の後、やがて仕事を無断欠勤し、辞めていった。
40歳の男は、僕同様「たたみ」の仕事から外されて、ここに来たらしい。
彼は自分の生い立ちについて僕に語ってくれたのだが、それはここでは伏せておく。
その40歳の男なのだが、彼は僕以上に作業が遅かった。
誰が見ても「ドン臭い」と感じるだろう。
話し方などを聞いて思ったのだが、もしかしたら彼は何らかの障害を抱えていたのかもしれない。
ともかく、ノルマを達成するために、僕は彼の仕事の分までやらなければならなかった。

僕は大学の夏休みの間の約2ヶ月間ここでバイトとして働いていたが、それは想像以上に過酷だった。
意識が朦朧として、熱中症寸前に陥ったこともあった。

世の中には、このような仕事を毎日している人間がいる。
そして、それは未来の僕かもしれない。
ある種の絶望とともに、そんな感慨を、僕は持った。


霧の幕

これは確信に近いのだが、僕は大学を卒業しても派遣バイトや、それに準じるような仕事をしていると思う。

僕は、いわゆる「ダブルタスク」ができない。
二つ以上の物事を同時に処理することができないのだ。
同時処理しようとすると、パニックになって思考がショートしてしまう。

これは生まれつきのものだ。これまでもそうだったし、成人した今となっては、これからもそうだろう。

僕には単純作業がお似合いなのだ。
薄暗い倉庫の中で黙々とダンボールを作っては壊し、それがいったい何のためなのかも分からず、ただ黙々と働くしかないのだ。


社会不安p-type No.052

逆回転

いつからだろう。

アニメや漫画を見ているときに、勝利を喜ぶ主人公ではなく、敗北を噛みしめる敵側のキャラクターに強く感情移入するようになった。

僕は今まで生きてきた中で、「勝った」経験よりも「負けた」経験の方が、あまりにも多いのである。

だから、僕は何か勝負事があると、真っ先に負けた場合のことを考えてしまう。
その「負け」は自分にとって許容できる範囲の「負け」なのか。
ひどく痛手を被る「負け」ではないだろうか。

こういう思考になると、もう大きな一歩は踏み出せない。
負の糸に絡め取られてしまう。
がんじからめにされてしまう。

そして、そうやって足踏みをしている間に、逆転できる重要なチャンスさえ逃してしまうのだ。
そのチャンスをどう使っていいのかが分からないのだ。

「負け癖」とはよく言ったものである。
「負け癖」の付いてしまった人生は、ひどく、苦しい。