自作音楽7「Aile -翼-」

こんばんは!(5ヶ月ぶりにブログを更新するため、様子を伺いながら) 4月30日に参加したM3でCDを頒布してから、なんか燃え尽きた感があり、曲を作る意欲が煙のように消えてしまったのだが、それから色々思うところがあり、4月くらいに「最期の時」というタ…

自作音楽その6「転生破滅世界」

よぉ、終わってるか?(最悪な挨拶) 来たる2017年4月30日にM3という同人音楽即売会でCD出します。 俺は「Mythos Material」というサークルで、6曲入りのミニアルバムを頒布する予定! 場所は、「東京流通センター 第二展示場2F ク-19x」! 「どこだよ!」っ…

ボイスブログ2

実験的ボイスブログ(仮)

悪魔の密告

どうも!文明を享受している皆様!!! 野蛮人です!(笑) ある日、なぜか突然スマホが操作できなくなり、壊れたと思った俺は、携帯電話会社にスマホを修理に出したのであった。 それから2週間が経ち、電話会社に経過を聞いてみたところ、どうも故障ではな…

戯言洗脳国家

なんか、色んな炎上騒動とかネットの記事とか見てて思ったけど、結局お前の信じる「真実」しかないじゃん。 「ゆとり世代」が軟弱なのは真実であり虚構だし、「団塊の世代」が傲慢なのも真実であり虚構じゃないですか。というか、ある集団を指してこうと論じ…

自作音楽その5「NADIA」

夏休みに入ったにも関わらず、精神的にダウナーモードだった俺は、しかしそれでも曲を作らなければと重い腰を上げたのであった・・・。 今回は色々新しい試みを入れてみた。(マンネリにならないように毎回新しいことはしているけど) 最初作った時点では歌…

アニメ・アニメ・アニメ・アニメ「改」

最近のアニメ、どうっすか?(釘バットを振り回し、唖然とする貴様らを睨みつけながら) キモいアニメがキモいオタクを産み出し、キモいオタクがキモいアニメを礼賛する。まぁ、それでいいんじゃないですか。そうやってずぅっと一箇所に留まって同じ景色を見…

中1のとき、小学生の遊戯王大会で優勝した話

今から遡ること10年前、中学1年生だった俺は遊戯王にハマっていた。 90年代生まれのオタク・キッズなら、やったことがある人は多いのではないだろうか。(というか、今でも普通に小学生がやっているらしい。ビビった。)当時ゴールデン・タイムで遊戯王のア…

自作音楽その4「憂鬱の花園」

夢なんかねぇんだ・・・、俺には・・・。 この曲は春休みのうちに完成させたかったのだが、展開とか途中で変えたりしてたら無理になってしまったのだ。 でも、やりたいことは色々できたと思うので、聴いてくれたら嬉しい。 ちなみにこれ、ギターのリフとソロ…

変革、そして明日へ・・・

春休みが終わり、また大学生活が始まろうとしている。 今年度から3年生になり、俺にとって色々と正念場になる年ではないかと思う。大学の単位はそれなりに取れてはいるが、就活への情熱ややる気などは微塵もない。将来への希望、光は相変わらず見えてこない…

オタク音楽を語る僕 『食戟のソーマ』キャラクターソングシリーズ・コンプリートBOX

俺はオタクだからアニメをよく観る。アニソンもよく聴くのだが、なぜかあまりアニソンにハマることはない。 俺はキャラソンを好む。俺の好きなヴォーカリストは、クセが強くてちょっと歌が下手な人だ。キャラソンを歌う声優にはそんな俺の好みに合う歌い手が…

さわやかな音楽

2015年11月のある日、大学から家に帰るバスに乗っているとき、俺の中にある空想が思い浮かんだ。 そこは見渡す限り一面の氷の世界。その中心に一人の少女がいた。少女は凍り付けにされ、硬く冷たい氷の中で体を動かすことはおろか、声を出すことさえ出…

メルヘン音楽を求める旅 分島花音「少女仕掛けのリブレット ~LOLITAWORK LIBRETTO~」

今から遡ること5年前、2010年の冬、俺はひどい絶望の中にいた。 高校を中退し、17歳にして無職となっていた俺は、無気力で、何をする気も起こらず、1日中PCをしたり、意味もなくブラブラ外を歩き回ったりして過ごしていた。 なんとかこの生活を変…

元気が出る音楽

今年も残すところあと1ヶ月ほどになっちまったが、皆さんいかがお過ごしだろうか!? 俺はといえば、先の見えぬなんやかんやの不安感や絶望感から逃避するように、曲を作っていた。 そしてできたのがこの曲である。よかったら聴いてほしい。 歌詞 心から愛…

言葉を放出する僕

出でよ!ブルーアイズ・陰キャラ・ドラゴン!! ブルーアイズ・陰キャラ・ドラゴン 星8/闇属性/オタク族/攻0/守0 このモンスターはインターネット上に存在する限り、攻撃力が3000ポイントアップする。 俺は中学生ぐらいの頃から言葉を文章にして残すのが好…

楽しい音楽

俺はヴィジュアル系バンドを好んで聴くキモいオタクである。 いつもは暇を見つけてはバンギャどもに混じりながらCDショップを漁っているのだが・・・。 この度なんと!!!! ヴィジュアル系への愛が強すぎて自分で曲を作るに至っちまった!!! 特に俺が…

青春は黒い夢と共に・・・

俺は中学時代、学校をアホほど嫌っていた。 学校を「薄汚い欲望の塊」だと思い、そこに通う奴等もみんな見下していた。いわゆる「中ニ病」というヤツだ。当然友達などいなかった。 そんなウンコな陰キャラ野郎の俺の趣味はアニメを見る事と、Youtubeで適当に…

アニメ・アニメ・アニメ・アニメ

最近思うのだが、日本国内において、余りにも「オタク文化」が浸透しすぎではないだろうか? 特に若年層の間でのオタク文化の浸透は凄まじい。「若者総オタク化」と言ってもいいくらいだ!何故このような現象が生じたのか?アニメやゲームなどは細かいクオリ…

Bottom

派遣バイトをやっていた頃の話をしようと思う。僕が行った現場は、洋服などの通信販売をしている企業の倉庫だったのだが、はじめ僕は古着をたたみ、袋詰めにする仕事に割り当てられた。しかし、僕はこの「たたむ」という行為が生まれつき非常に苦手なのだ。…

霧の幕

これは確信に近いのだが、僕は大学を卒業しても派遣バイトや、それに準じるような仕事をしていると思う。僕は、いわゆる「ダブルタスク」ができない。二つ以上の物事を同時に処理することができないのだ。同時処理しようとすると、パニックになって思考がシ…

逆回転

いつからだろう。アニメや漫画を見ているときに、勝利を喜ぶ主人公ではなく、敗北を噛みしめる敵側のキャラクターに強く感情移入するようになった。僕は今まで生きてきた中で、「勝った」経験よりも「負けた」経験の方が、あまりにも多いのである。だから、…

清流と波紋

人生は、なかなかうまくはいかないものである。言われるまでもなく、そんな事は皆さんご承知だろう。僕は弱い人間なので、何故こんな人生になってしまったのか、その原因を外部に求めてしまう。親のせい、環境のせい、周りの人たちのせいにしてしまう。本当…

死、後に・・・

もう、生きていることが苦しい。何か、意味のある文章を書くことさえ煩わしい。幸せの絶対量は決まっている。僕が不幸なとき、側では誰かが笑っている。僕が幸せなとき、側では誰かが嘆いている。

落下点

怒りはときに、何かアクションを起こす為の原動力となり得ると思っている。怒りを感じた時に、それをマイナスの力として処理するのではなく、プラスの力に変えて行動に移す、ということが大事である。しかし、これは僕にとって、非常に難しい問題である。壁…

孤独は水底に沈殿し、静かに精神を腐蝕する

僕には、友達がいない。 何をもって友達と定義するのかは人それぞれだが、僕にとっての友達とは、簡潔に言えば、お互いに苦楽を共にし、腹を割って話ができる人のことを指す。 日常会話ができる人はいるのだが、お互いに一歩距離を置いていたり、どこかよそ…

黄昏は心の中に

僕は音楽を聴くのが好きだ。 音楽を聴いて、その曲が表現する架空の世界に埋没してしまえば、実際の世界に触れずに済むからである。 怒りや憎しみを表現している、頭に強い衝撃を感じるような激しい音楽も好きだし、ファンタジーの世界に迷いこんだかのよう…